2012/11/10

LaTeXで "千反田える" してみた(5)

(前:LaTeXで "千反田える" してみた(4))

~付録A : わたし,気になります~

本記事は「LaTeXで "千反田える" してみた」シリーズの補足記事となります。
つまりは付録的な扱いです。

「LaTeXで "千反田える" してみた」シリーズは以下の通りです。
概略:LaTeXで "千反田える" してみた(1)
命令の解説:LaTeXで "千反田える" してみた(2)
動作の解説:LaTeXで "千反田える" してみた(3)
反省会:LaTeXで "千反田える" してみた(4)


○千反田えるって誰?
<古典部>シリーズの登場人物であり,TVアニメ「氷菓」のキャラクタです。
私は原作を読んだこともアニメを見たこともないので名前だけ知っているというレベルです。

○前にC言語でやって挫折したみたいだけど?
まずは何でそんなことをやったかの経緯を説明しましょう。

おそらくことの始まり
@artchanter氏「【本日の発見】「一反田えー、二反田びー、......二十六反田ぜっと、二十七反田えー、......」と定義した時、「千反田」は「える」になる。」
https://twitter.com/artchanter/status/262869992377307136

さて,ある日このようなツイートがされました。
このことを確認するためにプログラムを作って確認する人が出ました。

例:@_kabix氏「「【本日の発見】「一反田えー、二反田びー、......二十六反田ぜっと、二十七反田えー、......」と定義した時、「千反田」は「える」になる。」 というツイートが朝から回ってくるので本当にそうなるかプログラムを走らせた結果」
https://twitter.com/_Kabix/status/263229881435971584

「剰余を計算すればいいのに何でループ組んでるんだ」と言う人も見られたのですが
なぜかわざわざループを組んでやってみる人が続出しました。

かくいう私も,そのような流れに乗って,まずはC言語でやったわけなのです。
やった結果は変換結果が1つ後にずれたので,それをどう修正しようかと考えたところでやめました。
だって面倒くさくなったんですもの

○そして,今に至ると
そういうわけです。
ね,どうでもいい付録でしょう?

0 件のコメント:

コメントを投稿