2012/12/25

\usepackage[dviout]{graphicx}でエラーが出た話

サブで使っているノートPCにTeXを入れていなかったので,これはいい機会だと思い,W32TeXに付属の簡易インストーラを用いた手動インストールを試みました。
実際にはその前にあべのりさんが公開しておられるTeXインストーラでのインストールをしようかと思ったのですが,細かい設定を自分でやるという手間は体験してみるものかなと思いまして。

さて,W32TeX,GhostScript,GSView,dvioutの4つをインストール後,試しに中間発表の予稿でもコンパイルしようと思ってコンパイルしたところ,次のようなエラーが
 ! LaTeX Error: Unknown option `dviout' for package `graphics'.
 おそらく,プリンアブルに書いた\usepackage[dviout]{graphicx}のことだろうとエラーメッセージから推測できましたが,いかんせん,メインで使っているノートPCや学校の端末室では体験したことのなかったエラーなので,何でこんなエラーが出たのかさっぱり。

ひとまず,エラーメッセージを読み取ってみると,「``graphichs'' パッケージに ``dviout'' なんてオプションはない」とのことなのでgraphics.styを探してみましたよ。
TEXMFMAIN/tex/latex/graphics
にありました。TEXMFMAINというのはディレクトリを簡略化するための表記で,以下のように読み替えてください。
TEXMFMAIN = [TeXのインストールフォルダ]\share\texmf
私は C:\w32tex にインストールしたので C:\e32tex\share\texmf となります。
ただし,人によってはW32TeXのインストールフォルダが違うと思いますので,そのあたりは適宜読み替えてください。

こいつを見ていたら ``dviout'' なるオプションが見つからなかったので,次のコマンドをgraphics.styの54行目付近に入れました。
\DeclareOption{dviout}{\def\Gin@driver{dviout.def}}
とはいえ,他のオプションの内容をコピーして,**.defというのをdviout.defに変えただけです。
素人が危なっかしいことやってるとは自覚あるので,あまりおすすめできませぬ。

これで一応コンパイルが通りましたが,dvioutのオプションはかなり前から使えたはずですが…。

(2013/09/08 追記)
どうやら原因はdviout.cfgとcolor.cfgなるファイルの日付がdviout側とTeX側で違っていたのが原因みたいです。
既に2012/12/17に見つかっていたようで,以下のブログ記事が見つかりました。
graphics package のエラー解決方法 - 考えごと + alpha

0 件のコメント:

コメントを投稿