2013/09/14

コミュニケーション能力

私はコミュ障を自称していますけども,おそらく定義とは異なる使い方をしているので,
厳密にはコミュ障とは呼べないかもしれません。

実際のところ,何かしらの病気であると診断されたことはない,
あるいは診断を受けたことはないが不安である,という方々については
コミュ障よりもコミュニケーション能力の方を気にする方がよいのでは,と思いました。

最近コミュニケーション能力とかコミュ力と呼ばれるものが重視されると言われています。
昔から求められていたのかと思いますが,技術の発展に伴って,
人と人が面と向かって対話する機会ないし必要性が薄れてきたことがあるのではないかと
ひとりよがりながらも感じております。

ところでコミュニケーション能力とは何でありましょうか?
数人から聞いた話と私が思うところをまとめるとおおまかに以下の通りです。
  • 相手の考えを自分の中で整理できる,自分の考えを相手に正確に伝える能力
  • 初対面の人が相手でも日常会話ができること
  • 周囲を巻き込んで討論をはじめられること
ここに「周囲を盛り上げられること」などが加わるかもしれませんが,まあこんな感じです。
コミュニケーション能力と言うぐらいなので,他者と意思疎通できるくらいは最低限かもしれません。

---

関係ないことではありますが,「人と話すことに慣れる」「人と話すことが苦痛と感じないように」というアドバイスを受けた人はコミュニケーションが苦手と判断すればよろしいのでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿