2013/11/21

失われた古典を求めて

「プレゼンテーションZen」とか「人月の神話」やらを出版していたピアソン桐原が,ピアソングループから独立し,桐原書店として再スタートすることが話題となったのは8月のことであった。当時私はその話題について何も危機感を抱かなかった記憶がある。そも,ピアソン桐原って何を出版していたっけ,という状態であった。しかしそれは10月中旬になって大変なことであると認識したのだが。

LaTeXの本が欲しいと常日頃考えていたため,藤田眞作先生の「LaTeX2e マクロ作法」を買おうと思っていた私は,通販(Amazon[1]とか電脳書房[2]とかだ)で探していた時にそのことについて気付いた。何やら桐原書店が今までピアソン桐原として出版されていた書籍が「店頭在庫限り」という情報が見つかるではないか!

私は焦った。そりゃあもう焦った。通販では定価以上の値段がついていることが多かった。それゆえ,書店で新品を購入し,リュックサックにつめて背負い,その足でアルバイト先に向かったくらい焦った(アルバイトに向かう前ぐらいしか時間を取れなかった)。それ以来,本との出会いも一期一会であると痛感し,それまで欲しいと思いながらも買わないでいた本を集めようと決心したのであった。このとき,常に思い出されるものは,とある古本屋(B○○K ○FF)で見つけた「TeX by Topic」である。なぜあの時買おうと思わなかったのか,今でも悔やまれる。

それはさておいて,私は失われる書籍を求めて通販や書店を巡ったのであった。その結果が以下のリストであるが,まだ手元に届いていないものも含む。
  1. Donald E. Knuth著,斎藤信男監修,鷺谷好輝翻訳:``TeXブック 改訂新版 コンピュータによる組版システム'',アスキー出版局,(1994).
  2. Donald E. Knuth著,鷺谷好輝訳:“METAFONTブック タイポグラファのためのプログラミング言語”,アスキー出版局,(1994).
  3. Donald E. Knuth,Tracy Larrabee,Paul M.Roberts共著,有沢誠訳:“クヌース先生のドキュメント纂法”,共立出版,(1989).
  4. Donald E. Knuth著,滝沢徹,牧野祐子,富澤昇共訳:“コンピュータ科学者がめったに語らないこと”,エスアイビー・アクセス,(2003).
  5. Donald E. Knuth著,有沢誠訳:“文芸的プログラミング”,共立出版,(1991).
  6. Leslie Lamport著,阿瀬はるみ翻訳:``文書処理システムLaTeX2e'',ピアソン,(1999).
  7. Michel Goossens,Frank Mittelbach,Alexander Samarin共著,アスキー書籍編集部監訳:``The LaTeX コンパニオン'',アスキー出版局,(1998).
  8. Michel Goossens,Sebastian Rahtz,Frank Mittelbach共著,鷺谷好輝翻訳:``LaTeX グラフィックスコンパニオン TeXとPostscriptによる図解表現テクニック'',アスキー出版局,(2000).
  9. Michel Goossens,Sebastian Rahtz,共著,鷺谷好輝翻訳:``LaTeX Webコンパニオン TeXとHTML/XMLの統合'',アスキー出版局,(2001).
  10. 中野賢著:``日本語LATEX2eブック'',アスキー出版局,(1996).
  11. 奥村晴彦著:``[改訂第5版] LaTeX2e 美文書作成入門'',技術評論社,(2012).
  12. 藤田眞作著:``LaTeX2e マクロ作法'',ピアソン桐原,(2010).
  13. 藤田眞作著:``LaTeX2e 階梯(上)'',ピアソン桐原,(2009).
  14. 藤田眞作著:``LaTeX2e 階梯(下)'',ピアソン桐原,(2009).
  15. 藤田眞作著:``LaTeX2e 論文作法'',ピアソン桐原,(2010).
  16. 有沢誠編:“クヌース先生のプログラム論”,共立出版 (1991).
  17. Frederick P. Brooks Jr.著,滝沢徹,牧野祐子,富澤昇共訳:``人月の神話'',ピアソン桐原,(2010).
  18. Frederick P. Brooks Jr.著,松田晃一,小沼千絵共訳:``デザインのためのデザイン'',ピアソン桐原,(2010).
  19. Garr Reynolds著,熊谷小百合訳:``プレゼンテーションzen 第2版'',ピアソン桐原,(2012).
  20. Garr Reynolds著,熊谷小百合訳:``プレゼンテーションzen デザイン'',ピアソン桐原,(2010).
  21. Garr Reynolds著,熊谷小百合訳:``裸のプレゼンター'',ピアソン桐原,(2011).
なんと言えばいいか,買い過ぎた感はあると思うが,それだけ私を突き動かしたのである。

[1] Amazon.co.jp : http://www.amazon.co.jp/
[2] 電脳書房 : http://www.bookcyber.net/