2014/03/16

3月中旬の充実スケジュール前半まとめ

色々な予定を消化するべく,長岡にきて今日で3日目です。
ひとまず以下の日程を消化しました。

3/14 組込研修会
3/15 組込研修会,NDS #36
3/16 TOEIC

以上が前半の日程であり,後半の日程は以下の通り

3/18 学会発表
3/19 修了式,謝恩会
3/20 実家に帰省

…後半が山場です。

○組込研修会
「マイコンを使う(プログラムを書き込んで動かす)理由が分からなかった」
「演習はいいけど演習のやり方がいまいち」

テーマは暗号化
暗号の概要,ハッシュ,共通鍵暗号,公開鍵暗号が主な内容だったかと思う。
企業の人が講師だったのは,よかったのかな,と思う。
実際内容は面白かった。
たまに聞くRSAとかSHAとはどういうものかを知れたのは大きい。

そんなわけで,研修で教えていただいた内容についてはよかったと思うし,
何回目だったか忘れたけど,今後も続けていってほしいな,と思う。

ただ,最初に書いたように,組込研修だからマイコンを使うのはわかるけど,
わざわざマイコンを使う意味はなかったように思う。
  1. 開発環境を使って
  2. プログラムを書いて
  3. それを動かして
  4. 実行結果を見てみる
書いてしまえばそれだけの手順だったのだけれど,何故
  1. 開発環境を使って
  2. プログラムを書いて
  3. それをコンパイルしてマイコンに書き込んで
  4. プログラムを動かして
  5. 実行結果を見てみる
という手順にしたのかが全く分からなかった。
暗号化した出力結果を見るというだけなら,printfでも十分な気はする。
そんな風にしちゃうと「組込研修会」にならないのだけれど。

次に,演習のやり方がいまいちだった。
なんと言えばいいのかよくわからないのだけれど,
「講師が受講者のレベルを把握していない」とか「指針はあるけど受けた説明とのギャップが大きい」といったところか。
講師が演習問題を用意してくれるのはいいし,それは身に付けるために必要だと思うのだけれど,
受講者(主に高専生が対象としてよい)のレベルを高く見積もっているような気がする。

例えば,プログラムを書くような演習で
「企画書(英語)を用意してあるので,これ読んでパディングしてハッシュ計算するプログラム書いて」
と言われたこととか。演習は,主要な部分(この場合はパディングしてハッシュ計算)だけがない
ソースファイルがあらかじめ用意されていたことを,念のため追記しておく。
これは最低限英語が読めなきゃいけないが,読めなくても図を見ればまだなんとかなりそうである。
後はなんというか,パディングの部分は配列の特定の要素を上書きするだけで済むようなので,
そこに気付けば問題なさそうである。
ハッシュの計算は関数に投げるだけだったので,それは問題なかった。

たぶん私が一番困ったのは
rand関数で生成した乱数のハッシュを計算して先頭``4バイト''を返す関数を作れ
という演習問題だ。
分かる人はビット演算を使えばよさそうだと気付くと思うが,私はビット演算なんて名前だけ知っていただけで,
どう書けばいいかを覚えていなかった(そういえば教科書見た時に見かけたな,くらいの認識)ので,詰んだ。

…何だか,こう書いていると,結局は私のレベルが低かったせいに思えるのだが,そう思えてきたのだからそうなんだろう。
うん,講師は悪くない。

○長岡IT開発者勉強会 #36
「いろんなプログラミング言語の話を聞けたことが,刺激となりました」

私もTeX言語で,紹介程度の話を少ししてきたのだが,
いろんなプログラミング言語の話を聞ける勉強会だったので,とてもよかったと思う。
というかとても濃密だったので,果たして全部覚え切れたかどうか。
発表者の方々がスライドをアップロードしているので,復習がてら読むのも悪くなさそうである。

…それで,私はその時のツイートを追って,私が発表した時のものを見て顔がニヤついてしまったのだが。
ともかく,非常に良かったので,危うく書店に寄った時に本を衝動買いしそうになったことをここに書いておこう。

○TOEIC
「600点取れればいいや」

リスニングとか後半聞き取れなくて力尽きかけていたし,
ましてやリーディングでは30問ほど残して力尽きたので,とりあえず全部Bにマークした。
というくらいの出来である。
スコアは1か月後くらいに届くというから,それまでは呑気に待つとしよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿