2014/07/27

心理社会的モラトリアムに囚われる

夏です。
これからますます熱さが厳しくなると思われますが皆様いかがお過ごしでしょうか。
寝る子こと私です。

大学院に入学してからはや4ヶ月が経過しようとしております。
色々と思うところが多く,辛さを感じる日々でございます。
私と同じく大学院に進学なされた各位はそろそろどの学会に参加なされるか苦慮なされている頃かと存じます。

---

この度大学院修士課程に進学した私はこのままでは,学部卒と変わらない状態で修了するのではなかろうかと危惧しております。
と言いますのも,修士と学部の学生の間には,それら二つの課程を分ける何かよく分からない要素が横たわっているのではなかろうかと少しばかり期待していたためであります。
しかしながら,そのようなものは夢幻であり,存在しないという事実を薄々感じている昨今です。
昔世話になった指導教員曰く「修士で社会にでる修行をして就職するのだ」と言っておられましたが,そもそも修行とは何をすればいいのかがさっぱりです。
これは単に,私の不勉強さが招いた事態でありましょうか。
誠に,そのような事実にただただ悲しみを感じる次第であります。

---

誰も彼もが,情報を与えてくれるわけではありません。
「求めよ,さすれば与えられん」ではないのです。
「ねだれ,勝ち取れ。さすれば与えられん」なのです。

---

私は現在,無気力と戦いながらなんとか進捗を作っている現状であります。
何か専攻科生時代に苦しんだことを再び繰り返しているような幻覚さえ抱いておりますが,そも,同じことを繰り返すのであればそれは中学生でもできることです。
我々は少しずつ前に進んでおります。
それが牛歩とか亀のようにと言われようとも。
しかし,

---

人は否定してばかりでは萎えてしまいます。
つまりは私のような状態であります。
ここから脱却するべくには,いかようにすればよろしいのか,私には分かりませぬ。
何より,人の語る「これこそが社会の求める姿である」というのが,私には人の騙る姿に見えてしまうのであります。
おそらくは,悲観主義めいた批判者,何もしない人間がなる末路の果て,見出した私の目の前に横たわる何かというものは,虚無主義めいた何かなのではなかろうかと,愚考する次第なのです。
ひとまずの,失楽園が私の暇つぶしとなり得るかどうか,それもまた私の無気力がいかようになるか次第でありましょう。

かしこ。

0 件のコメント:

コメントを投稿