2014/10/24

私感の理想論

途中,私でさえ書いていて意図の見えない何かがあるものですから,私の思うところは最後に箇条書きにしておきました。

わたくし,Twitterを始めてから,こうしてブログに綴るネタをTwitterで出し尽くしてしまい,もういいやと思ってしまうこと多々であります。
しかしながら,私の思うところをつらつらと書き連ねようものならば,140字という枠に収められた断片をいくつも放り投げることになりますから,
まるで運動会の玉入れのごとき有様になるのではなかろうと思ったのであります。
まあ,嘘ですが。

さて,Twitterを眺めていたら,「大学を職業訓練校に」などというお題目を見ました。
一体どこの高度経済成長期における社会の要求,すなわち発展してゆく技術者を短期間で育成することを目的とした教育機関の設立を大学という学術機関で果たそうとする馬の骨でありましょうか?
ちなみに,これは高等専門学校略して高専のことであります。
元々は高度経済成長期における社会の要望に応えるべく,日々急成長を遂げる科学技術に対応できるような技術者の育成が当初の目的であったと私は記憶しております。
さて,これが正しかったかどうかはよく覚えていませんが,概ねそうであったと記憶しております。

大学を職業訓練校にするなどという幻想を抱くなら職業訓練校に子供行かせろよ。
社会の求める人材像を教育機関に押し付けるからそんな世迷い言が出てくるんだろうが。
と思う次第なのでありました。

さて,私の思うところを少し書きましょう。
大学のいいところは研究をするところだと私は思います。
それは高専でも同じであります。
高い専門性を謳っても,大学程度ではありふれているものですから,価値がありません。
このことに関しては拙稿「「自己理解」と私は言った」を御覧ください。
科学技術が発展していく上では,研究が必要不可欠であります。
それと同時に,学術機関において研究されたものを,私たちの生活へと持ち上げるないし下ろしていくためには,企業における研究開発が必要となります。
大学,あるいは大学と大学院を通して,貴方たちは"研究"なるスキルを多少なりとも理解できると思います。
研究は,現代社会で求められるPDCAサイクルなるものを体現したものです。
計画を立て,実行し,振り返り,改善点を思案する。
この繰り返しを重ねることにより,仕事は果たされていくのでしょう。
私は社会に出たことがないので知りませんが,PDCAサイクルは大事だと講演する人は言うのですからそうなのでしょう。

さて,私でさえも意図の見えない散文を書き連ねてしまったものですから,私が思うところをざっくりと書いておきますと
1. 大学は研究機関でもある。研究を通して得られる経験は大切にするべきである。
2. 「大学を職業訓練校に」という言い分は,企業の要求を押し付けているだけではなかろうか。
3. 転じて,企業には新卒を育成する体力がないという現れではなかろうか。
4. ただ,最近は企業の求めるスキルが研究で求めるスキルと同一化しつつあるかもしれないこともまた,ここに記しておきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿