2015/03/10

【悲報】俺氏,無料のバスに乗り損ねた

つい先日経験した実話ですが,さすがに相手のこともあるので,そこらへんは伏せる。

はじめに結論を書くけど,
1. 不利益を被ったらお問い合わせしよう
2. 聞いてなかったらどうしようもないけど連絡はちゃんと確認したい

簡潔な経緯

大学から合同説明会(以下,合説)の会場まで無料で往復バス出すって言うからそれで日帰りしようと思ったら,
帰りの便の出発時間変わったの聞いてなくて乗り損ねたから新幹線で帰った。
そして同期から「お問い合わせしよう」と言われたのでお問い合わせして返答が来た。

詳細な経緯(私視点)

関東甲信越に分類される地方の一市民の感想としては,大きな合説の開催場所は県庁所在地か東京かくらい極端なものだと思っている。
そんなわけで,東京で開催された業界研究セミナーという名前の合説が開かれた会場まで,合説を主催している会社が,無料で往復バスを出すという話が,大学のキャリアセンターから届いたので,利用することとしたのだ。

事前に大学のキャリアセンターから来たメールでは,17時に帰りの便が出発するとの事だったので,
途中諦めそうになったけど,時間まで目一杯企業を見てやろうと思ったのだ。
さて,最後の企業を見ていたところで携帯電話の着信有,その直後メールの通知がきたけど,会社の説明を聞いていたので無視した。
説明が終わってから,集合場所に行ってみるも,人がいない。
いや他の大学の人間はいるんだけど,私の大学の人間がいない。

ここで,まさか置いていかれたかと思った私は,携帯電話の着信を見返して,知らん番号に電話をかける。
そうして私は,帰りのバスに乗れず,帰りのバスは私を置いて出発したことを知ったのだ。
ちなみに,会場に到着してから,帰りの便の出発時間は16時30分に変更になった旨を口頭で連絡したらしい。
バスに乗れなかった私はもちろんそんなことは聞いていない。

運営会社に「お問い合わせ」した返答

いわゆるモンスターなクレーマーにはなりたくなかったので,なるべく自分の状況について丁寧に説明することを心がけた。
詳細を見て,何か当日バスの運転手?助手?から聞いた話と少し違うな,と思ったけど,まあ言いたいことは分かった。

そんなわけで,私と当日のバス担当と運営会社の返答を以下に並べて終わりとしたい。
ただし,私とバス担当の言い分は記録に残しておらず,私の記憶を頼りにしている点については注意して欲しい。

私の言い分
・帰りのバスの出発時間が変わったと聞いた覚えがない
・企業の説明を聞いていたので,電話を無視した

バス担当の言い分
・会場に到着し,学生を案内してから帰りのバスの出発時間を口頭で連絡した
・時間になっても来なかったので電話をかけたが,出なかったので出発した
・長時間バスを止められる場所ではなかった

運営会社の返答
・行きで思ったより時間がかかり,このままでは運転手の拘束時間が上限いきそうだったため,帰りの出発時間を早めた
・帰りの便の利用者全員を乗せることを条件として,帰りを早めることは承諾された
・上の2点はバス会社と旅行代理店の間で決まったことで,運営会社は知らなかった

・帰りのバス出発時に,運営会社に時間を早めた旨を連絡
・私に連絡をとったが,取れなかった
・理由は「先に帰っていて,もう電車に乗っているからではないか」という話だった
・さすがに他の学生は時間通りに乗車していたので,運営会社側としても許可を出した

0 件のコメント:

コメントを投稿